日々の日記

心室中隔欠損症の子供は なぜよく転ぶのか?運動能力が低いの?あまり知られていない原因とは

更新日:

私の娘は、心室中隔欠損症という先天性の病気なんですが、これがもう よく転ぶのなんのって・・・(-_-;)

運動会では、危なっかしいからと、担任の先生が娘と手をつないで競技してくれたくらいなんです( ;∀;)

初めのうちは、足が悪いんだろうか? とか、脳に異常が?? とか悩んだものですが、

ある日、小学校の個人懇談で 担任の先生が

「さーちゃんの病気について私も調べてみたんですが、心室中隔欠損症の子っていうのは 体幹が弱くて、すぐフラフラしてしまうみたいですね。授業中、姿勢を崩してしまうのも 本人は だらけてるわけではなく、同じ姿勢を保てないからなんだそうです。」

と、教えてくれたんです!(゚Д゚;)

親の私でさえ、自分の娘の病気なのに そこまで調べもしなく、なんか恥ずかしかったです・・・先生、ありがとうm(__)m

スポンサーリンク

でも先生のおかげで、なぜ運動会で7回も転んだのか?とか、フラフラ歩くのはどうして?とか、授業中ふてぶてしい態度(私にはそう映った)をとるのはやる気がないからなのか?っていう疑問が、一気に飛んでいってしまいました!(^^)!

でも、そうだったんだー!で終わらせてはいけないので、さっそくネットで体幹を鍛える方法を調べてみました。

そこで 同じ病気の子供を持つお父さんのブログを見つけました。

そのお父さんは、やはり体幹を鍛えないといけない、と思ったようで 娘さんの体幹を鍛えるのに ジムボールを使ってるらしいのです!

大人がフィットネスで使うような、どでかいゴムボール。

その上に子供を乗せて(曲芸のように立つ、のではなくお尻を乗せて)、1日1回5分ほど自分でバランスを取らせるんですね。

ネットですぐ注文して、到着した日から ウチもやりはじめました!

もちろん子供だけでは危ないので、すぐ補助できるように軽く片手を持ちます。

毎日使ってると、けっこう空気が抜けていくので こまめに空気を入れるようにしました。

初めの頃は すぐ動いてしまい、補助する私も大変だったんですが 何日もやってるとバランスの取り方を覚えて、 ボールの上に私がヨイショ!と娘を乗せると、すぐバランスをとってジッとするようになり、全然動かないけど・・・これトレーニングになってるのかな??と、新たな疑問が出てきたり・・・

そのうちに、学校で友達と鬼ごっこをした時は 走るのが遅くてすぐ捕まり、よく鬼をやってたんだけど 今は 逃げるのも追いかけるのも楽しそうに走り回れるようになりました(^◇^)

そして、片足立ち❗

数秒も立ってられなかったのに、両足とも10秒でも楽に立っていられるようになったんです☘️

これ、トレーニングの成果だ!!と、自分では思ってます!

唯一の悩みと言えば、ジムボール、めちゃデカくて どこに置いてもジャマ・・・(-_-;)

蹴ると跳ねかえってくるし。

その辺にコロコロ転がしておくと、静電気?で、ボールにホコリやゴミが付きまくり。

・・・他に体幹を鍛える方法がないか、調べよう・・・・・。

*追記

ボクシングの元世界チャンピオン飯田覚士くんが執筆した、『おうちで簡単ビショントレーニング』って本も、かなり参考になりました(^^)/

さすが 子供向けジムを開いてるだけあって、子供のことをよく知ってるなぁ、考えてるなぁ、と思える内容でした。

簡単に出来て、娘も面白がりながらやってくれたので トレーニングと言うよりゲームをやってる感じ(*^^*)

オススメです☆

スポンサーリンク

-日々の日記
-, , , , , ,

Copyright© 家族で豊かに楽しく生きたい! 主婦のサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.