読んでほしいブログ

子供の失敗に腹が立った時に読んでみてください

更新日:

 

子供の失敗に腹が立った時に読んでみてください。

大声で怒鳴ったり、叩いたり。。。

自分はしつけをしてるつもりだけど、もしかして・・・

と悩んだことはありませんか?

 

スポンサーリンク

 

小さい子供は、いきなり「こらっ!!」とか「ダメよ!!」と言われて叩かれてもその声の迫力におびえるだけで、実際は悪いことや危ないことを分かっていないと思います。

だから同じことを繰り返してしまいます。

 

「前も言ったでしょ!!どうしてまたやるの!?」と怒ったことありませんか?

 

これは、叱った時にどうして叱られたのか、子供に説明していないからです。

 

例えば、子供が牛乳をこぼしてしまったけど、また怒られるのが怖いから黙っていたとします。

それを見つけた時、どうしますか?

 

「なんでこぼしたらすぐに言わないの!?」

「どうして早く拭かないのよ!?」

と叩いたりしませんでしたか?

 

これでは、子供は『また怒られた』という思いでいっぱいです。

次にこぼしてしまっても、やはり怒られるのが怖いからだまっているでしょう。

 

こんな時は、「大丈夫だよ、誰でもこぼしちゃう事があるんだから。でも、すぐに拭かないと臭くなっちゃうの。一緒に拭いてあげるから、こぼしちゃったらすぐに教えてね。」と言って子供も一緒に拭かせます。

 

拭きながら、「わざとじゃなくても、ごめんなさいしようね。一緒に拭いてもらったら、ありがとうって言おうね。」と、状況によって謝ることと,お礼を言うという常識を教えます。

これは根気がいるしつけですが、必ず子供は分かってくれます。

 

子供が粗相をした時、なぜカッとなるのか?

 

それは、この始末は私がしなければいけない、なんて面倒な事をしてくれたんだ!!という思いがわくからだと思います。

 

牛乳をこぼされた➯私が拭かなければいけない。面倒だ。

ということですよね。

 

特に子供って不思議と急いでいて時間がない時や、外出先などでやらかしてくれちゃいますよね。

こちらに気持ちの余裕がない時(笑)

 

でもそこでサッと片づけちゃうと、子供の為に・・というより、自分のために良くないです。

 

私の場合、子供が4歳くらいまでは、怒鳴りながら子供の粗相を片づけてました。

 

が、ある日『私が大変なだけじゃん?』と気づき、粗相をされたら片づけ方をまず教えるようにしました。

もちろん完ぺきではなく、後始末はやるはめにはなるんですが、気持ちが楽なんです。

 

牛乳こぼされても、怒らずにジッと様子をうかがっていると・・

子供は数秒間固まって動かずにいて、それから慌ててティッシュをたくさん取って拭き始めます。その姿を見ると、

『まー、私もこぼすことあるしな・・』と最後にきれいにふきあげるのも苦ではなくなりました。

 

これも根気がいるんですけど、子供の小さな手を見ていると、こんな小さな手で頑張って生きてるんだな・・とシミジミしちゃいます。

 

そりゃコップをすべらせちゃうわなあ、とか。

 

つい自分目線で子供を見ちゃうことって多いんですけど、子供目線になると、あの時あんなに怒ってしまって申し訳ない!(>_<)と反省することも多いです。

 

大人がなんでもやらずに、教えてあげると覚えるものですよ。

 

最初から無理だと決めつけないで、いろいろ教えるのも楽しいです。

 

スポンサーリンク

 

 

-読んでほしいブログ
-, , ,

Copyright© 家族で豊かに楽しく生きたい! 主婦のサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.